白衣高血圧の妊婦だった私も3人の子供を出産できた話

 

このブログに辿り着いたってことは、恐らく白衣高血圧症で妊娠中の人だと思います!

妊婦さんで高血圧だと初期はいいけど妊娠中期、後期になってくると白衣高血圧症だけど、本当の高血圧になってしまうこともあるし、白衣高血圧だけど管理入院もさせれれたり、いろいろ不安だと思います。

私自信も白衣高血圧症だったので、今でも直っていませんけど、それでもなんとか3人の子供を出産することができました。今当時の私のように白衣高血圧でしかも妊娠中で悩んでいる方の不安が少しでもなくなればいいなと思ってこの記事を書いています。

この記事では

白衣高血圧に私がなった理由

白衣高血圧の妊婦!血圧測定が怖い?

本当の高血圧にならないか不安、自分で管理する方法

白衣高血圧だと出産はどうなるってしまうのか

こんな悩みを解決できるようにまとめました!

スポンサーリンク

白衣高血圧の定義って何?

そもそも白衣高血圧症ってどんな症状を指しているのでしょうか

病院や診療所の血圧だけが高いのが白衣高血圧 病院・診療所などで医師や看護師さんに血圧を測ってもらうと、家で測るときよりも高くなることがあります。 いろいろな要因がありますが、医師や看護師さんの白衣を見ると緊張して血圧が高くなることが多いことから、「白衣高血圧」または「白衣現象」と呼ばれています。http://kanja.ds-pharma.jp/health/ketsuatsu/complete/bloodpressure/bp07.html

病院の看護師や医師、または病院に行くことに緊張やストレスを抱えて血圧が上昇してしまうことです。

妊婦で白衣高血圧になったらどうなるの?

自分で白衣高血圧って自覚しているのであれば、初期の段階で医師や看護師に自分が白衣高血圧であることを必ず伝えましょう。白衣高血圧で悩んでいる人は、こんなこと言ったら恥ずかしいな、緊張して血圧が上がるなんて、どうしてってずっと考えてしまいますよね。恥ずかしとか、変だなんて思わなくて大丈夫です。

 

逆にきちんと伝えてないと、「なんでこの人はこんなに血圧高いの?総合病院に転院して!」なんて言われてしまいます。私は白衣高血圧だったけど、最初の妊娠検診で先生にそのことは伝えておきました。先生からは、自宅にも血圧計あるなら心配しなくても大丈夫だよ~と言ってくれましたのでその場は乗り切れた感じです。

とにかく白衣高血圧でも妊娠出産は可能なので、どうしよう、どうしようとあまり悩まない方がいいです。

血圧計が苦手、怖い私っておかしいの?

私が白衣高血圧になったのは第一子妊娠中の時でした、元々のきっかけは妊娠37週に血圧が上140超えてしまい何回も測り直しても下がらなくなってしまったことです。これが最初のきっかけです。たぶんその時に血圧が下がらないなら今日から入院してもらうと先生に脅されたことが、始まりでした。

 

そして、血圧が下がらず、更に血圧を測定をするたびに「血圧が上昇したらどうしよう・・・」と頭の中はそればかり考えていたので血圧はどんどんあがっていきました。血圧は緊張や不安でも高くなっていしまいます。

 

そして管理入院が決定したのです。

管理入院中にたくさんの看護師に、まだ若いのに高血圧は危ないわよ~、家族に高血圧の人っているの?とか何回も言われて、更にストレス!家に帰れば直ると言っても37週超えているから帰らせてもらえませんでした。

とにかくその時はリラックスすることを一番に考えて、血圧が高いから暗い部屋でとにかく寝かされていました。そのおかげなのか血圧は120台110台に戻り、これなら帰宅していいよと言われて次の日に自宅に帰ることができました。

 

しかし本当に怖いのは、これからでした。38週の妊娠検診で血圧測定をすると異常なまでの緊張感がありました。とにかく血圧測定器が腕をウィーンと締め付けると心臓がバクバクバクバクと止まりません。そして測定結果は上170下90といった非常にヤバい数字です。この数値を出してしまった私は焦る焦るでちっとも下がってくれず、妊娠検診でも経緯を話しても疑われてしまいました。

この後私はある一言を言われて、白衣高血圧、血圧測定が大嫌いになってしまいました。それは

「あなたね、血圧測定が怖いっておかしいよ、気にしすぎなんですよ!とにかくいくら白衣高血圧だからといってこんなに血圧が高いのはダメだよ」

普通こんなこと言いますか?この変な医師の一言で私はとても心理的に傷ついてしまったのです。

白衣高血圧 妊娠検診の血圧測定が嫌い

白衣高血圧の人は、血圧測定が大嫌いですよね!私も大嫌いでした。今も嫌いです。

でも妊娠中は検診前に測定しないといけないし、また血圧が高くなったらどうしようと不安になってしまいます。まずはその不安を少しでも無くす方法を見つけましょう。

私の場合だと

①開き直ってしまう!私は血圧測定が苦手だと自分で認める

②誰にも見られたくなかったから朝一番の予約をして、何回も測定した。

③好きな音楽を直前まで聞いていた。

④深呼吸を繰り返していた。

血圧は緊張と不安で大きく数値が変動します。家に居る時のようにまずは、最大限のリラックスできる方法を見つけてみましょう!

スポンサーリンク

白衣高血圧から本当の高血圧にならないために

白衣高血圧の人は、緊張やストレス不安から血圧が上昇してしまうので、出産で息む時に血圧がさらに上昇する可能性もあります。医師も母子安全に出産できるように整えないといけません。妊娠後期になると本当に高血圧になってしまう人ますので、白衣高血圧の妊婦さんは予備軍と思っていた方がいいです。

 

本当の高血圧になってしまったら、赤ちゃんも母体も危険になるので、日頃から減塩の食事とストレスを溜めない生活を心がける必要があります。自宅にも血圧計を買っておきましょう。自宅で1日1回決めた時間に測定して記録に残しておけば先生にも自宅では正常値だという事を証明できます。

白衣高血圧の妊婦だと出産はどうなるの?

白衣高血圧の妊婦でも正常分娩ができます。ただ血圧が180以上超えたり、危険だと判断された場合は医師の指示に素直に従いましょう。出産は命にかかわることなので、母子が安全に出産できるように医師は動きます。

 

白衣高血圧の妊婦で普通分娩をする場合、血圧を下げる薬を飲んだり、血圧を安定させる点滴をしながら出産することになるはずです。私が3回とも白衣高血圧で出産中も上160台下90以上でしたが点滴をしながら普通分娩で出産することができました。ただ私の場合は出産時間が3人とも早かったので普通分娩で出産できたのだと思います。出産が長引く上に血圧も上がりっぱなしだと流石に危険ですよね。

出産はいつ何が起こるかわかりませんので緊急帝王切開も視野に入れておいた方がいいです。

まとめると

・白衣高血圧でも妊娠出産することは可能

・白衣高血圧であることを医師にきちんと伝えて自宅で血圧測定の練習をする

・緊張しない方法を探し出す。人から見られても気にしないこと

・本当の高血圧にならないように減塩すること

白衣高血圧の人は、本当に血圧測定が苦手だと思うけど、苦手意識、不安だと思う気持ちが大きい程血圧に反映されてしまいます。大丈夫だと思って出産に挑んでください。白衣高血圧は変なことではありませんよ!

自信を持ちましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください